家族信託ってどんな制度?家族信託の仕組みを知りたい

まずは信託とは?

 

「信託」とは、財産を持っている人(委託者)が信託行為(遺言・信託契約等)によって、信頼できる人(受託者)に対して現金・不動産・株式等有価証券などの財産を委託し、一定の目的(信託目的)に沿って誰か(受益者)のためにその財産(信託財産)を管理・処分する法律関係のことを言います。

 

この説明では難しいですが以下では分かりやすく「信託」の説明とその活用方法を解説していきます。

 

一般的な信託と家族信託の違い

 

一般的に「信託」というと、「遺言信託」や「投資信託」が良く使われますが、「家族信託・民事信託」の「信託」は、それらの「信託」とは全く違います!

 

では、具体的にどこが違うのか、またご理解いただいた上でどのような活用方法があるのか、下で詳しく見て行きましょう!

 

 

「家族信託」とは?

 

では、どこが違うのか見ていきましょう。上記で述べたように信託は大きく分けて2つあります。

一つ目は、「商事信託」というもので、財産を託される人が報酬を得るために行うもので、信託銀行や信託会社が行っています。

二つ目は、「民事信託」といい、財産を託される人が報酬を得ないで行う信託です。信託業法の制限を受けませんので、財産を託される人は、個人でも法人でもなることができます。

 

そのため、「民事信託」は、誰でも財産管理を目的として利用できる仕組みなのです。

「民事信託」の中でも、財産管理を“信じて託す”相手として、最もふさわしいのは自分の家族・親族であることが多いので、家族・親族の中で財産の管理を任せる仕組みを「家族信託」と言います。

 

家族信託は、まだ普及が進んでいる段階ですが、これから更に普及・活用されていく制度です。

まだ世間一般に広まっていないので分からないことも多いと思いますので、ご不明点がございましたら、当事務所にご相談ください。

財産は認知症になってしまうと凍結されてしまいます。その財産を凍結されないようにする方法として家族信託はとても有効な手段です。

 

具体的には、将来的に介護施設に入ろうと思っている方や、収益不動産をお持ちの方、自身の財産を凍結させずにご子息に管理してほしい方にオススメの制度となっております。

以下のように様々なパターンもありますので、ご相談をいただければ家族信託の専門家がご自身に最適な方法をお教えいたします。

パターン①

パターン②

パターン③

家族信託の無料相談受付中 TEL:025-287-1172

無料相談の詳細はこちら

認知症対策・相続対策・空き家対策にオススメ!家族信託の専門家による家族信託の無料相談受付中! TEL:025-287-1172

無料相談の詳細はこちら